手織の椅子敷展 若松由香

 

手織の椅子敷展 若松由香  

2013年10月11日(金) − 15日(火)  11:00-19:00(会期中は営業時間が変更になります。)
 
favorで若松由香さんの椅子敷の展示会を行います。 若松さんは手仕事の日用品の中に「用の美」を唱えた民藝の精神を継承し、女性限定の内弟子制によって技術が継承される倉敷本染手織研究所で学ばれ、現在は名古屋で椅子敷を織られています。
 


丁寧、繊細に、かつ力強く織られる椅子敷は肉厚で弾力があります。洗濯ができ20年程は使っていただけるそうです。幾何学模様からなるシンプルでモダンな柄も魅力的です。会期中は伝統的な柄や彼女が考案した柄など40点程の椅子敷が並びます。

椅子敷の作業工程






当店の提案するハンドクラフトの感じられる北欧・ヨーロッパの家具とも共通するものがあり相性がとてもいいと思います。椅子敷の似合うをテーマに私物の椅子も展示したいと思っています。そちらも楽しみにしていただければと思います。

10月11日(金)、12日(土)、13日(日)は若松由香さんも在店されます。ぜひ、お越しになってください。