2018年 ありがとうございました




Favorの15年目だった2018年は北欧の買い付け以外にも、若松由香さんの椅子敷展、オーディナリーさんのイベント参加、サンク、サムエル・ワルツさんのクリスマス展、名古屋高島屋の「暮らしのSTORE展」「北欧展」参加など、協力してもらいながら色々楽しくできたなぁと思います。

 

そして4月には長年の目標であった自宅が完成しました。 杉下均建築工房の杉下さん、出口さんをはじめ工事関係者の皆さんには大変お世話になりました。 こうして年末年始を愛着のある家で過ごせるのは本当に幸せに感じます。 今後は家を建てた経験や暮らしをお店づくりや皆さんのお役に立てたいと思っています。

 

2019年も、ひとつひとつ手を抜かず頑張って行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 









 

2018年最終営業日

 

12月30日が2018年年内の最終営業日になりました。

年始の営業は1月5日からになります。

 

今年は12月にコンテナ到着とイベントが複数、重なってしまった為、注文をお受けするのに対して、家具修復の時間が取れませんでした。コンテナ到着前からご予約をいただいていた皆様にはお日にちとご心配をおかけすることになってしまい大変申し訳ありません。年始から予約番号順に修復をして完成の目処が立ちましたらご連絡させていただきます。

 

このお休み期間中にしっかり調整して年始を迎えたいと思います。

 

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台風21号



名東区もすごい雨です。
元々、定休日だったので、用事を済ませて、早々に帰宅。子供の学校もお休みなのでゆっくり自宅で過ごしています。
皆様もお気をつけて。










夏休みありがとうございました。


夏休みは石垣島に行ってきました。
ゆっくりできて子供達ともしっかり遊べました。
初めての場所への旅は新鮮で良い経験になりました。


本日より通常営業(12:00-18:00 火水定休)です。
今日から9月、また頑張ります。よろしくお願いします。









柱の籐巻き





リビングの大黒柱。設計士の杉下さんにすすめられ籐を自分で巻きました。
Favorのお店でやった事があったので少しは慣れていたのですが今回は2.8m 。朝から晩まで丸一日かかりました。
大変だったけど、自分で手掛ける所があると更に愛着が湧きます。
ヴィンテージ家具の籐の様に飴色に育って欲しいです。









帰ってきました。



帰ってきました。本日は定休日、明日から営業です。週末から買付アイテムのご紹介ができるように準備します。










2018年 営業開始



2018年。営業開始しました。 初日から沢山の方にお越し頂き、とても嬉しいです。 今年もよろしくお願いします。









あけましておめでとうございます





明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。
2018年は1月3日からの営業です。
画像は昨年末に先にお参りした(先とは言えないですね。(笑))伊勢神宮 です。








 

夏休み





夏休みを頂きました。 沖縄でのんびりしました。









 

お店の事

 

現店舗に移転してきて7年目、最近、新居、新築、リノベーションのお客さんが凄く増えたなあと思います。

図面を見せて頂いてご相談を受けたり、僕らが思ったりすることをお伝えする機会も多くなりました。

移転してきた時、ただ販売するだけでなく、人と人との関わりのある、参考にして頂ける、そんな場所になれたらいいなぁと思っていたのでとても嬉しく思っています。

 

好きな事を仕事にさせて頂いているので、その分、毎日しっかり勉強して、いろんな事を経験して、自分達のできることを増やして皆さんのお家や生活が良くなるお手伝いができたらいいなと考えています。ここ最近は、毎日テーマを決めて何かしらの家具、インテリアの本を読むようにしています。

 

お店はなるべく生活空間が想像しやすいようにという事と、せっかく現地から買い付けをして修復した家具をよく見て頂きたいという思いから倉庫のようにたくさん並べずに配置しています。展示スペースに限りがあり全てをご覧いただけないのを残念に思っていますが修復前の家具はPCの画像や2階の倉庫に保管してありますので、展示品以外も見てみたいという方はご遠慮なくお声かけ下さい。

 

お店に来ていただいたときに、一声かけるようにはしているのですが、じっくり見たいのかなあ、うっとうしいと思われないかなあと考えてしまう時もあり、あまり話しかけれないときもあります。心の中ではいつでもお話してくださいと思っているのでお気軽にお声かけ下さいね。